サンプルページ

酵素ドリンクの基礎知識

酵素とは人間の体の中で、食べたものを消化したり、エネルギーに変える代謝を助けたりすることで生命活動を支えています。酵素ドリンクはその酵素の力を借りて、代謝を高めて脂肪を燃焼させたり、腸の働きを活発にしたりする効果を持っています。

もう少し詳しく見ていくと、酵素ドリンクを飲むことは食事で消化・吸収をする胃腸を休めることができるので代謝を良くすることができます。更に胃腸を活性化させて便秘を解消することができれば、便に含まれる有毒な老廃物も排出されて自律神経のバランスが整い血行も良くなります。それに普段はあまり野菜を食べていないので栄養バランスが乱れがちな人は、野菜や果物からつくられた酵素ドリンクによって足りない栄養素を補うことが出来ます。断食ダイエットとは違い、普段の食事に置き換えで飲むので空腹感に悩まされにくく、生命維持に必要な栄養補給もできて健康的に痩せることができます。

一方で固形の食べ物を摂取しないので便が少なくなり便秘になってしまったり、色がおかしいといったことになることもあります。肌にも吹き出物が出たり体がだるいといったことを訴える人もいます。これは病気になっているのではなく、体が良い方向に向かっている好転反応によるものです。水分を普段より多めに摂取したり、体を横にしたりとしずかにしていればやがては落ち着きます。

なお、誤解される事が多いのですが、酵素ドリンクに酵素そのものは入っているわけではありません。野菜や果物を発酵させてつくられており、酵素を生み出す酵母やその材料となる栄養成分がたくさん詰まっているものです。
法律では清涼飲料水というジャンルに分類されており、商品として販売するためには65度以上で10分間の加熱をしなければいけません。では、酵素を作り出す酵母も死んでしまうのではないかということですが、ほとんどの酵素ドリンクでは65度から70度くらいの加熱が行われています。酵母は最近よりも大きく、また熱に種類が使われる事が多いので死滅することなく摂取することができるのです

 

ダイエットの基礎知識

体重が増えた、体型が変わってきたといった理由から、ダイエットを始める方は沢山居ます。しかしダイエットの基礎知識をしっかり理解している人はどれだけいるでしょうか。まずは基本から確認していきましょう。

痩せる、ということは体重を減らすことではない、というのが最初の基本です。大量の汗を流すと体重は簡単に減りますが、それではダイエットに成功したことにはなりません。本当の意味で痩せるということは、体の余分な脂肪、つまり体脂肪を減らすことです。

体脂肪を減らすメカニズムはシンプルかつ単純です。要は日常生活において摂取エネルギーより消費エネルギーを増やせば痩せられます。当然その逆になってしまうと脂肪はたまる一方なので太るということになります。
そこで、摂取エネルギーより消費エネルギーを増やしつつ痩せる体質を作るために、食事と運動、生活習慣の3つに分類し、3つの側面からアプローチをかけることが大切なのです。

摂取するより消費することを多くすれば痩せるメカニズムになりますが、極端に食べる量やカロリーを減らしてしまうと体が飢餓状態になって脂肪を蓄積しだしますので余計に太りますし、リバウンドもしやすいのでやめましょう。体脂肪を減らすには摂取するエネルギーを1日に必要なエネルギーよりも200から300キロカロリー少なめにすると効果的だといわれています。つまり、低カロリーなメニューをバランスよく食べることが大切で、野菜対タンパク質対炭水化物を3対2対1の割合で食べると良いでしょう。

そして糖質や脂肪も健康を維持する上では大切ですから、炭水化物は出来るだけ玄米や雑穀、全粉粒のパンなど茶色いものを、白砂糖ではなく黒砂糖やハチミツ、油は動物性のものではなく植物性のものを選ぶようにして下さい。白く精製されたものは体を冷やしますのでおすすめできません。
食物繊維もたっぷり摂り、食べ物はしっかりゆっくりと咀嚼すれば、満腹中枢が刺激されて早食いやドカ食いの防止に繋がります。